/

富山交番襲撃、無期懲役 警官ら2人殺害の元自衛官

(更新)
島津慧大被告が警察官を刺殺し拳銃を奪った富山中央署奥田交番(2018年6月26日、富山市)=共同

富山市の交番で2018年6月、警察官を刺殺し、奪った拳銃で警備員を射殺したとして強盗殺人や殺人などの罪に問われた元陸上自衛官、島津慧大被告(24)の裁判員裁判の判決公判が5日、富山地裁であった。大村泰平裁判長は「拳銃強奪の意思は、警察官殺害後に生じた疑いがある」として強盗殺人罪の成立を否定し、無期懲役(求刑死刑)の判決を言い渡した。

大村裁判長は判決理由で、被告が逮捕後の取り調べで交番襲撃を「武器を奪う目的もあった」などと述べていたことについて「供述が揺れており、内心を表現したものかは疑問を持たざるを得ない」とし、強盗殺人でなく警察官への殺人と窃盗罪に当たるとした。

また、被告の自閉症スペクトラム障害を「動機の形成に影響があった。一定程度、酌むべき事情だ」と指摘。「計画性が高いとは言えず、死刑がやむを得ないとは言えない」と判断した。

これまでの公判で検察側は「被告は当初から拳銃奪取を考えていた。逮捕後の供述は一貫しており、障害が与えた影響は限定的だ」と主張していた。

弁護側は「拳銃奪取が目的との供述は取り調べ時の誘導によるものだ」と反論。障害に適切な療育がなかったことも考慮すべきで無期懲役が相当と訴えていた。被告は初公判での起訴内容認否や被告人質問、最終意見陳述で全て黙秘した。

判決によると18年6月26日、富山中央署奥田交番で、所長の稲泉健一警部補(当時46)を刺殺し拳銃を窃取、近くの市立奥田小の正門付近にいた警備員、中村信一さん(同68)の頭をこの拳銃で撃ち殺害したほか、同じ日に別の男性警備員に対し拳銃を発射した。事件の前には、アルバイト先で店長を殴っていた。

判決後に報道陣の取材に応じた中村さんの娘は「死刑判決を望んでいたので悔しいの一言です」と話した。富山地検の西岡剛次席検事は「判決内容を精査し、上級庁などと協議した上で対応を検討する」とのコメントを出した。弁護側もコメントを出し「証拠を正しく評価した適切な事実認定だ」とした。

事件後の18年9月、仙台市の交番で警察官が大学生の男に刺殺され、19年6月には大阪府吹田市の交番で男が警察官を包丁で刺し、拳銃を奪って逃亡するなど、警官襲撃が相次いだ。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン