/

高校・専門学校の連携強化 文科省、プログラム策定へ

高校と、高卒者の2割ほどが進学する専門学校の連携を強化するため、文部科学省は一貫教育プログラムの策定に乗り出す。5日、同省関係者への取材で分かった。医療や介護、調理など職業に直結する教育をする専門学校に目的が定まらないまま進み、学習意欲を維持できないケースがあった。高校段階から進学後を見通したカリキュラムで将来の職業選択につなげたい考えだ。

2021年度に全国16カ所を選び、高校と専門学校の連携についての実証事業を開始。21年度当初予算案に関連経費として約4億円を計上した。

全日・定時制高校の卒業者は年間100万人余りで、うち17万人余りが専門学校に進学。地域を支える仕事に就く卒業生が多い。以前から高校と専門学校が連携をすることはあったが、出前授業などにとどまっていた。

今回の実証事業では、高校と専門学校が協力してカリキュラムや共通の学習目標を開発。専門学校側は就職先の開拓を担い、提携する高校から進学する場合の学費減免も検討する。工業科や商業科など専門高校かどうかを問わず、普通科高校の参加も求めている。

事業には地元企業や教育委員会も参加。企業は産業界の最新ニーズを踏まえたカリキュラムとなるよう、高校や専門学校に助言したり、現場の実態をよく知る指導者として従業員を派遣したりする。教委はそれぞれの橋渡しをする。

東京都では、都立工業高校と情報系専門学校、IT大手が連携。高校2年次から専門学校まで一貫で学ぶコースの開設に向け、準備が進んでいる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン