/

森喜朗・五輪組織委会長の一問一答 女性めぐる発言で

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長は4日、東京都内で記者会見した。主な一問一答は以下の通り。

――辞任する考えは。

「辞任する考えはない。一生懸命、献身的に7年間やってきて、自分からどうしようという気持ちはない。皆さんが『邪魔だ』と言われれば、粗大ごみになったのかもしれませんから、掃いてもらえばいいんじゃないですか」

――自身が責任をとらないことで、開催への批判が強まるのでは。

「ご心配いただいたのであれば、ありがとうございます。誤解を色々生んではいけないので、撤回しますと申し上げた。五輪精神に反すると思うからそう申し上げた」

――東京大会のトップとして国内外への説明は。

「(3日の発言の際は)日本オリンピック委員会(JOC)の名誉委員という立場であいさつした。あまり(女性登用の)数字にこだわると、運営が難しくなることもある。そういう中で私の知っている理事会の話を引用してああいう発言になった」

――女性登用の基本的な考え方を聞きたい。多様性のある社会を求めているからではなく、国がうるさいから女性登用の規定が設けられているという認識なのか。

「そういう認識ではない。どなたが選ばれてもいい。あまり数字にこだわって、無理なことをなさらん方がいいということを言いたかった」

――批判の声をどう受け止めているか。

「謙虚に受け止めている。だから(発言を)撤回させていただく」

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン