/

「男女交際で退学」は不当、堀越高元生徒が提訴

東京地裁

男女交際を禁ずる校則に反したとの理由で自主退学を勧告されたのは不当だとして、堀越高(東京都中野区)の元生徒の女性が、同校を運営する学校法人「堀越学園」に約370万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたことが分かった。3日に第1回口頭弁論があり、学校側は争う姿勢を示した。

訴状によると、堀越高は校則で「特定の男女間の交際は、生徒の本分と照らし合わせ、禁止する」と規定。2019年11月20日、教員が当時3年生だった女性と男子生徒の交際を把握し、面談した。女性が交際を認めると、校長は2日後に「自主退学するように」と勧告。女性は納得しなかったが、学校側から早急に転校手続きを取らなければ卒業に必要な単位が取れなくなると言われ、大学の推薦も取り消されたため、退学を余儀なくされたとしている。女性はその後、他の高校に編入した。

女性側は校則について「不合理な規定で無効だ」と主張。教員から性交渉の有無を執拗に尋ねられたとして「プライバシーの侵害で多大な精神的苦痛を受けた」としている。

堀越学園は取材に「今後、裁判で主張を明らかにする」としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン