/

千葉県野田市の小4虐待死、父に二審も懲役16年、高裁

(更新)

千葉県野田市の自宅で2019年1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん(当時10)を虐待して死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた父、勇一郎被告(43)の控訴審判決で、東京高裁は4日、懲役16年とした一審千葉地裁の裁判員裁判判決を支持し、被告の控訴を棄却した。

近藤宏子裁判長は、心愛さんが必死の思いで助けを求めたのに、被告が児童相談所や親族による救いの手を徹底的に排除し、孤立無援の状態に追い込んで虐待死させたとして「異常なまでに陰惨でむごたらしい。悪質性は並外れて際立っている」と述べた。

控訴審で弁護側は「一審判決の量刑は同種事案の量刑傾向を大きく逸脱しており、重すぎて不当だ」と刑を軽くするよう求めていた。

判決は、被告自らが撮影した動画や画像からも、心愛さんの人権と尊厳を全否定する虐待のすさまじさは明らかだと指摘。量刑傾向を大きく超える極めて悪質な事案として「一審判決が不合理とは言えない」と退けた。

被告はこの日、スーツ姿で出廷。判決言い渡しの間は終始下を向き、表情は変わらなかった。

判決によると、19年1月22~24日、心愛さんに食事や十分な睡眠を取らせず、浴室で冷水シャワーを掛け続けるなどして死亡させた。

事件では、被告の暴行を止めなかったとして心愛さんの母(34)も傷害ほう助罪に問われ、懲役2年6月、保護観察付き執行猶予5年の判決が確定している。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン