/

関東で「春一番」、統計開始以降最も早い

(更新)

気象庁は4日、関東で「春一番」が吹いたと発表した。統計を開始した1951年以降最も早い記録で、2月22日だった昨年よりも18日早い。

気象庁によると、日本海から北日本に発達しながら進む低気圧の影響で、関東は南部を中心に南寄りの風が強まった。4日午後1時半までの最大瞬間風速は千葉市で西南西の風20.2メートル、横浜市で同18.3メートル、東京都心部で南の風15.2メートルをそれぞれ観測した。

春一番の発表基準は地方で異なり、関東の場合は①立春から春分までの間②日本海に低気圧がある③毎秒8メートル以上の強い南寄りの風が吹き、気温が上昇――が条件。関東でこれまで最も早かった春一番は88年2月5日だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン