/

五輪組織委・森会長「発言撤回しおわび」 辞任は否定

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長は4日、東京都内で記者会見し、日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと述べた自身の発言をめぐり「五輪・パラリンピックの精神に反する不適切な表現で深く反省している。撤回しおわびしたい」と謝罪した。

海外メディアは森氏の発言を「性差別的」などと詳報し、国内外に批判の声が広がった。

森氏は会長職の辞任は否定し「自分からどうしようという気持ちはない」と述べた。そのうえで「皆さんが『邪魔だ』と言われれば、老害が粗大ごみになったかもしれませんから、掃いてもらえばいいんじゃないですか」とも語った。

自身の発言の趣旨について、理事には「どなたが選ばれてもいい」と性別で区別する考えはないと強調した。

森氏は3日、JOCの臨時評議員会で「女性は競争意識が強いから、誰か一人発言すると自分も言わないといけないと思うのだろう」などと発言していた。

国際オリンピック委員会(IOC)は4日、森氏の発言について「森氏は謝罪した。これをもってIOCは問題が決着したと考えている」との声明を出した。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン