/

この記事は会員限定です

感染管理認定看護師の養成急務 新型コロナで脚光

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症の流行では医療機関や福祉施設の院内感染対策の重要性が再認識された。その中で脚光を浴びたのが感染制御の専門知識・技術を有する「感染管理認定看護師」だ。頻発したクラスター(感染者集団)の封じ込めなどで活躍したが、日本ではまだまだ少なく、養成が急務となっている。

栃木県看護協会の野沢寿美子さん(48)は1月11日、県からの要請でクラスターが発生した障害者施設「とちのみ学園」(同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2014文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン