/

カルテ改ざんの罪認める 三重大元准教授、地裁初公判

実際は使っていない薬剤を投与したようにカルテを改ざんし、元教授と共謀して診療報酬をだまし取ったとして、公電磁的記録不正作出・同供用と詐欺の罪に問われた三重大病院臨床麻酔部元准教授、境倫宏被告(48)は4日、津地裁(四宮知彦裁判長)で開かれた初公判で起訴内容を認めた。

検察側は冒頭陳述で、境被告が薬剤を患者に投与せず、多くを廃棄していたと指摘。津地検の取り調べに「薬剤を投与せず捨てているが、問題なく診療報酬を請求できていると元教授に伝えた」と供述したとの調書が証拠採用された。臨床麻酔部元教授の亀井政孝被告(54)=詐欺罪などで起訴=は、大学の第三者委員会に「薬剤が廃棄されていたとは知らなかった」と主張。公判でも起訴内容を争うとみられる。

検察側冒頭陳述によると、亀井被告は小野薬品工業の担当者と、同社が製造・販売する薬剤「オノアクト」の目標使用量を話し合った上で、境被告らに積極使用をメールなどで指示した。境被告は「小野薬品の担当者は『オノアクトをもう少し使って』と頼んでいた」とも供述していた。

起訴状によると、境被告は2019年8月~20年3月、計81回にわたりオノアクトを投与したように装い電子カルテを改ざん。また、亀井被告と共謀の上、診療報酬計約84万円を病院の口座に入金させたとしている。

亀井被告はオノアクトを多数発注する見返りに、小野薬品から三重大の口座に現金200万円を入金させたとして、第三者供賄罪で起訴された。

カルテ改ざんは20年3月に発覚。境被告は同10月に解雇された。亀井被告は日本光電工業に200万円を提供させたとする第三者供賄罪でも起訴されている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン