/

警察の懲戒処分229人 8年連続減、過去最少に

昨年1年間に懲戒処分を受けた警察官や警察職員は前年比14人減の229人だったことが4日、警察庁のまとめで分かった。8年連続の減少で、統計がある2000年以降最少となった。逮捕者は前年より1人減り49人だった。

処分理由で最も多かったのは、盗撮やセクハラを含む「異性関係」が91人(前年比11人増)。次いで「窃盗・詐欺・横領等」が40人(26人減)で、「交通事故・違反」が32人(8人減)。

処分の内訳は、最も重い免職が前年と同じ29人、停職が47人(12人減)、減給が116人(6人減)、戒告が37人(4人増)。

都道府県別では、警視庁の30人が最多で、愛知県警の16人、大阪府警の15人、北海道警の13人が続いた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン