/

この記事は会員限定です

独り身高齢者の身元保証、目立つ不透明契約 安全網に死角

[有料会員限定]

独り身の高齢者の身元保証代行を巡る訴訟で、業務契約の不透明さを断じる判決が相次いでいる。死亡後は代行者に全財産を譲る、認知症の人を相手に5分の面談で契約させる――。保証人の署名を受け入れ条件とする介護施設などは多く、身寄りがなければ頼らざるを得ない。一連の問題は人生の晩年を迎えたとき、社会の安全網から抜け落ちかねない危うさを浮き彫りにする。

「明らかに対価性を欠いている」。名古屋地裁岡崎支部は1月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1632文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン