/

接触確認アプリ、4カ月通知されず アンドロイド利用者

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
スマホ用の新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」

新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触した可能性を通知するスマートフォン向けの接触確認アプリ「COCOA(ココア)」を巡り、厚生労働省は3日、グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマホでは感染者と接触しても通知がされていなかったと発表した。2月中旬をめどに解消を目指す。

接触確認アプリは、陽性登録をした感染者と1メートル以内15分以上接触があった場合、利用者に通知が来る仕組み。ココアのダウンロード数は2日時点で2460万件で、うちアンドロイドユーザーは約770万件という。

田村憲久厚生労働相は3日、記者会見し、「大変なご迷惑をおかけし、信頼を損ねた。心からおわびする」と謝罪した。厚労省の担当者は「接触の情報は端末上のみで管理されているため、濃厚接触があったのに通知が届かなかった人がどれくらいいるかは把握できない」としている。

アンドロイド用のアプリを昨年9月末に改修した際に障害が生じ、約4カ月の間、条件に当てはまっていても接触が通知されないようになっていたという。陽性者と接触しているはずなのにアプリに通知が来ないといったSNS(交流サイト)投稿などを受けて検証したところ、障害が発覚した。

今後、厚労省はアプリの品質の確認をできるよう、専門家を増員する対策を取るとしている。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン