/

茨城・龍ケ崎市副市長ら逮捕 警視庁、入札情報漏洩か

茨城県龍ケ崎市が発注した工事の入札情報を漏らしたとして、警視庁と茨城県警の合同捜査本部は3日、同市副市長の川村光男容疑者(65)と同市社会福祉協議会理事の川北恵一郎容疑者(71)を官製談合防止法違反容疑で逮捕した。

逮捕容疑は昨年12月に実施された中学校のプール塗装改修工事など6件の一般競争入札で、参加申請する業者名を川村容疑者の指示で同市職員から川北容疑者に漏らし、公正な入札を妨害した疑い。警視庁は2人の認否を明らかにしていない。

警視庁によると、6件の工事の落札価格はいずれも1千万円前後で、それぞれ別の業者が落札した。予定価格は事前に公表されていたという。同庁は川北容疑者が参加申請業者名を業者側に伝え、受注調整などが行われた可能性があるとみている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン