/

この記事は会員限定です

技能実習生 コロナ禍で解雇相次ぐ、転職支援が課題

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で一時止まった外国人技能実習生の受け入れが10月から再開している。11月の入国数は前年同月比で7割程度となったが、コロナ禍による業績悪化や「第3波」が実習生の生活に影響を与えている。

「(受け入れに)ブレーキがかからないといいが」。技能実習生の受け入れ窓口となる高松市の監理団体代表理事、藤川浩二さんは懸念する。中長期滞在の外国人の入国制限が10月に緩和され、同団体は約半...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1144文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン