/

朝ドラ主演に黒島結菜さん 22年前期「ちむどんどん」

(更新)

NHKは2022年前期の連続テレビ小説として沖縄が主な舞台の「ちむどんどん」を放送し、ヒロインを沖縄県出身の黒島結菜さん(23)が演じると、3日発表した。

黒島結菜さん=共同

22年は、沖縄が1972年に本土復帰して50年の節目。沖縄料理に夢を懸けるヒロインとその兄妹を描く物語という。

黒島さんは「まさか自分がヒロインになるとは思っていなかったので驚いている気持ちと、うれしい気持ちでいっぱいです」とコメントした。

「ちむどんどん」は沖縄の方言で「胸がドキドキ」という意味。本土復帰とともに世の中に飛び出していく若者たちの思いを表す言葉をイメージしたという。

物語は、連続テレビ小説「マッサン」の脚本などを手掛けた羽原大介さんが執筆し、語りは沖縄県出身のジョン・カビラさんが務める。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン