/

東急東横線が運転再開 足場崩れ一部運休、17万人に影響

(更新)
東急東横線の線路脇で起きた工事現場の足場崩落現場で復旧作業にあたる作業員ら(3日午前、東京都目黒区)

2日午後10時20分ごろ、東京都目黒区自由が丘の東急東横線自由が丘―都立大学間で、付近の工事現場の足場が崩れて電線に倒れかかり停電が発生し、渋谷―武蔵小杉間で運転を見合わせた。3日も始発から同区間が運休したが、午後0時20分ごろに運転再開した。

東急電鉄によると、2日と3日の両日で計324本が運休し、計約17万3800人に影響した。東京消防庁によると、けが人は確認されていない。

東急電鉄によると、停電の影響で、中目黒―祐天寺間で電車が止まり、乗客を降車させて祐天寺駅まで誘導した。足場の撤去や電線の安全確認に時間がかかり、3日は始発から復旧まで、相互乗り入れする東京メトロ副都心線から渋谷駅までと、武蔵小杉―横浜高速鉄道元町・中華街間で運行本数を約5割に減らして折り返し運転した。

警視庁によると、崩れた足場は縦約15メートル、横約25メートル。強風が原因とみられ、工事関係者に事情を聴くなどして詳しく調べる。大手予備校河合塾の新校舎建設に伴い組まれた足場という。

気象庁によると、2日午後は都内各地で最大瞬間風速20㍍前後の強い風を観測。寒冷前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になるとして、同庁は落雷や竜巻などの激しい突風、局地的な雨に注意を呼びかけていた。

東横線の渋谷駅改札前では3日朝、駅職員が拡声器を片手に通勤客らへの説明や代替ルートの案内に追われた。

アルバイトのため学芸大学駅に向かう男子大学生(19)はバス利用を案内された。「あと15分くらいで着かないといけないが、無理そう。バスは初めてでどれに乗ればいいのかも分からない」と困惑していた。

通勤で中目黒駅に通う女性会社員(21)は「渋谷に来るまで事故を知らず驚いた」と話し、慌てた様子で迂回ルートのJR線に急いだ。

東急東横線の運転見合わせを伝える掲示板(3日午前、渋谷駅)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン