/

岡本健一さんら大臣賞 20年度の芸術選奨、新人賞「鬼滅」

文化庁は3日、芸術分野の優れた業績を表彰する2020年度芸術選奨の文部科学大臣賞を俳優の岡本健一さん(51)やロック歌手の宮本浩次さん(54)、映画監督の諏訪敦彦さん(60)ら18人に贈ると発表した。新人賞は人気漫画「鬼滅の刃」の作者、吾峠呼世晴さんら10人と1組を選んだ。

岡本さんは元「男闘呼組」メンバーでジャニーズ事務所に所属。シェークスピアの舞台「リチャード二世」の演技が評価された。吾峠さんは「鬼滅の刃」が社会現象化。新人賞にはシンガー・ソングライターの米津玄師さん(29)も選ばれた。

芸術選奨は今回が71回目。演劇、映画、文学など11部門で有識者が選考する。贈呈式は9日に東京都内で行われる。

芸術選奨の受賞者と受賞対象は次の通り。(敬称略)

◇文部科学大臣賞

【演劇】俳優岡本健一(51)「リチャード二世」▽演出家松本祐子(53)「五十四の瞳」

【映画】映画監督諏訪敦彦(60)「風の電話」▽音響効果技師伊藤進一(66)「海辺の映画館 キネマの玉手箱」ほか

【音楽】地歌箏曲演奏家藤本昭子(57)「第17回藤本昭子演奏会」ほか▽都山流尺八演奏家藤原道山(48)「藤原道山20th Anniversaryコンサート」ほか

【舞踊】ダンサー井関佐和子(42)「夏の名残のバラ」ほか▽バレエダンサー加治屋百合子(36)「海賊」ほか

【文学】小説家朝井まかて(61)「類」

【美術】彫刻家青木野枝(62)「青木野枝 霧と鉄と山と」展▽現代美術家宮島達男(64)「宮島達男 クロニクル 1995-2020」展ほか

【放送】ディレクター伊東英朗(60)「クリスマスソング 放射線を浴びたX年後」

【大衆芸能】ロック歌手宮本浩次(54)「ROMANCE」ほか▽落語家柳亭市馬(59)「穴泥」ほか

【芸術振興】現在美術家・映像作家宇川直宏(52)「DOMMUNE」

【評論等】映画評論家上島春彦(62)「鈴木清順論」▽国際日本文化研究センター名誉教授細川周平(66)「近代日本の音楽百年」

【メディア芸術】アニメーション監督湯浅政明(55)「映像研には手を出すな!」

◇文部科学大臣新人賞

【演劇】俳優鈴木杏(33)「殺意 ストリップショウ」ほか

【映画】映画監督小田香(33)「セノーテ」

【音楽】指揮者・鍵盤楽器奏者・作曲家鈴木優人(39)「読売日本交響楽団第603回定期演奏会」ほか

【舞踊】日本舞踊家市川翠扇(41)「椀久色神送」ほか

【文学】小説家李琴峰(31)「ポラリスが降り注ぐ夜」

【美術】メディアアーティスト「エキソニモ」、「エキソニモ アン・デッド・リンク」展

【放送】ディレクター・プロデューサー塚原あゆ子「MIU404」

【大衆芸能】シンガー・ソングライター米津玄師(29)「STRAY SHEEP」ほか

【芸術振興】アートプロデューサー相馬千秋「シアターコモンズ'20」ほか

【評論等】神戸市外国語大客員研究員平野恵美子「帝室劇場とバレエ・リュス」

【メディア芸術】漫画家吾峠呼世晴、「鬼滅の刃」〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン