/

この記事は会員限定です

生きた証を刻む 陸前高田からゼネコンへ、忘れ得ぬ誓い

[有料会員限定]

2月中旬、多くの車が行き交う東京・中野の環七通り。その地下約40㍍で、巨大な掘削機が内径12.5㍍ものトンネルを掘り進んでいた。そばで大成建設社員の柏翔悟さん(27)が測量の手を動かす。

中野から練馬まで約5・4㌔のトンネルを通し、雨水を流し込む調節池とする事業。既存の2つの調節池とも連結させ、石神井川や神田川など5河川流域の貯留量を140万立方㍍超に引き上げる。増える豪雨から首都を守る大工事だ。

地上と異...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1558文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン