/

この記事は会員限定です

共通テスト模試受けてみた㊤ 英文2割増、長文に汗

[有料会員限定]

大学入試改革の中核となる大学入学共通テストの初実施まで1カ月余りとなった。運営する大学入試センターによると、思考力や判断力、表現力を一層問う内容になるという。大手予備校の河合塾が作成した模擬試験を「センター試験世代」の記者(25)が解き、実際にどう変わるのか、探ってみた。

▼大学入学共通テスト
 31年間続いた大学入試センター試験の後継で、全国の国公私立大800校以上が利用する。当初計画にあった英語での民間試験や、国語と数学での記述式問題の導入は白紙になった。2021年の出願者は約53万人。新型コロナウイルス対策などで21年1月は2つの日程で実施され、2月には特例追試験も実施される。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン