/

天皇誕生日、祝賀行事を縮小 宮内庁

宮内庁は1日、23日の天皇誕生日について、新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえて祝賀行事を縮小すると発表した。閣僚や外国大使などを招く「宴会の儀」と「茶会の儀」を取りやめ、天皇陛下が三権の長らの祝賀を受けられる「祝賀の儀」のみを開催する。

感染防止の観点と国民がコロナ禍で困窮している現状を考慮して縮小を判断した。天皇誕生日を巡っては感染防止のため一般参賀の取りやめも決まっている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン