/

この記事は会員限定です

災害保険金、請求トラブル多発 相談は大震災前の24倍

(更新) [有料会員限定]

2011年の東日本大震災以降、各地で地震や風水害などの自然災害が頻発するなか、被災した建物の保険金請求を巡るトラブルが増えている。「手続き代行業者に高額な手数料を求められた」など、国民生活センターに寄せられる相談件数は年々増え、19年度は10年度の24倍に上った。保険会社側も対策を急ぐ。

「支払われた保険金だけでは修理ができない」。20年秋、国民生活センターの相談窓口に1本の電話があった。電話の主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1403文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン