/

この記事は会員限定です

国内のワクチン接種100万回超す 人員や配送体制に課題

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチンの日本での接種回数が累計100万回を超えた。先行する医療従事者に続き、12日からは高齢者の接種も始まる。供給量が増える5月以降、接種は本格化する見通しだが、人員の確保や配送体制の構築など課題は多い。

厚生労働省によると、3月31日時点で100万2739回になった。このうち2回目の接種を終えた人は約12万5千人となっている。3月半ば以降は1日あたり5万~7万回程度で接種が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り443文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン