/

この記事は会員限定です

住友生命、50年に投資先CO2排出量ゼロ 高田新社長

[有料会員限定]

住友生命保険は2050年に投資先の二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにする。1日に就任した高田幸徳社長が明らかにした。株式や社債の投資先に脱炭素に向けた取り組みを促す。健康増進サービスの無償提供や、人材育成の強化に取り組む意向も示した。

高田社長は「投資家として(脱炭素に)コミットする以外の選択肢はない」と述べた。投資先のCO2排出量の実質ゼロを目指すのは日本生命保険と第一生命保険に続く動きとな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り261文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン