/

この記事は会員限定です

かんぽ生命、海外社債運用にAI活用 投資判断を効率化

[有料会員限定]

かんぽ生命保険は海外社債への投資で人工知能(AI)を本格的に活用する。海外企業の決算報告書を分析し、M&A(合併・買収)などを予測する。大手生保での活用は初めてという。かんぽ生命の海外社債の運用部隊は大手他社に比べて少ない。AIの活用で効率化を図り、収益拡大をめざす。

みずほフィナンシャルグループ傘下のアセットマネジメントOne、フランスのフィンテックスタートアップのSESAMm(セサム)と連携してAIモデルをつくり、2020年夏から試験...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン