/

2月の鉱工業生産2.1%低下 半導体不足、自動車に影響

(更新)

経済産業省が31日発表した2月の鉱工業生産指数(2015=100、季節調整済み)速報値は、前月比2.1%低下し95.7となった。自動車に半導体不足の影響が出たことなどで2カ月ぶりの減産となった。経産省は新型コロナウイルスの影響で落ち込んでいた生産水準は回復傾向にあるとして、基調判断を「持ち直している」に据え置いた。

業種別では15業種中11業種で低下した。乗用車の減産が目立った自動車工業が8.8%の低下と落ち込んだ。2月に最大震度6強を観測した福島県沖地震の影響で部品供給が滞ったことや、半導体不足が響いたとみられる。半導体製造装置などの生産用機械工業は3.7%上昇した。

主要企業の生産計画から算出した生産予測指数では、3月に前月比1.9%低下、4月に9.3%の上昇を見込む。19日に半導体大手ルネサスエレクトロニクスの工場で発生した火災の影響は反映されておらず、自動車は半導体などの供給不足による減産が長引く恐れがある。

鉱工業生産指数は新型コロナの感染拡大の影響で20年2~5月に大幅に落ち込んだ後、回復傾向が続いてきた。21年1月には再び緊急事態宣言が発令されたが、半導体需要が伸び、関連産業を中心に大きく上昇していた。

一方で変異した新型コロナの感染者が増え、半導体供給も引き続き不透明なことから、経産省は「今後も新型コロナやサプライチェーンの動向を注視する必要がある」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン