/

日銀の新制度「コロナ対応融資を後押し」 黒田総裁

日銀の黒田東彦総裁は30日のオンライン講演で、3月の金融政策決定会合で創設を決めた貸出促進付利制度について「長短金利の引き下げという追加緩和手段の実効性を高める」と語った。

 インターネットを通じて共同通信きさらぎ会の講演をする日銀の黒田総裁(30日午後、東京都千代田区)=共同

同制度は利下げ時に金融機関の貸し出し状況に応じて日銀当座預金につける上乗せ金利を増やし、副作用を和らげる仕組み。新型コロナウイルス対応のプロパー(自前)融資を手掛ける金融機関への上乗せ金利は導入段階から手厚くして「融資を一層積極的に後押しする狙いがある」と述べた。

国内景気の現状については「対面型サービス以外の経済活動は世界貿易の回復や巣ごもり需要に支えられ、相応に維持されている」と指摘した。「2021年度は20年度の落ち込みの反動に加え、政府の追加経済対策の効果もあってはっきりとしたプラス成長になる」との見通しを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン