/

内閣府が若者円卓会議 将来不安解消へ施策立案

内閣府

内閣府は30日、20~30代の若者で構成する「若者円卓会議」を新設すると発表した。31日に初会合を開き、若者の活躍や将来不安の解消に向けて必要な取り組みを検討する。議論の結果は4月中にまとめ、夏に策定する経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)に反映する。

懇談会は西村康稔経済財政・再生相が主宰し、柳川範之東大教授が座長に就く。遺伝子解析サービスを手掛けるジーンクエスト(東京・港)の高橋祥子社長らが参加する。西村経財相は30日の閣議後記者会見で「日本社会全体に男性中心で年功序列的な考え方が非常に色濃く残っている」と指摘し、政策に若者の視点を反映する考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン