/

年越しのお札118兆円 11年連続最高更新

市中で年を越すお札は増え続けている

日銀は30日、市中に出回って家計や企業、金融機関の金庫などで年を越すお札(日銀券)が118兆3282億円になると発表した。11年連続で過去最高を更新した。低金利が長期化し、現金を銀行に預けたり、国債などに投資したりするメリットが薄れて「タンス預金」が増えていることが背景にある。

年越しのお札は前年比で5%増え、2015年末の5.7%増以来、5年ぶりの高い増加率になった。新型コロナウイルス対策の資金繰り支援や給付金も影響した。日銀が異次元緩和を始める前の12年末と比べると約32兆円増えた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン