/

この記事は会員限定です

「社会課題解決を主導」 三井住友海上、船曳社長を発表

[有料会員限定]

三井住友海上火災保険は29日、船曳真一郎副社長(60)が社長に昇格する人事を正式に発表した。船曳氏はオンラインで開いた記者会見で「世界トップ水準の保険グループとして社会の課題解決をリードするイノベーション企業を目指したい」と述べた。デジタル化や気候変動に対応した保険の変革を進める。

4月1日に就任する。原典之社長(65)は代表権のある会長に就く。原氏は持ち株会社のMS&ADインシュアランスグループ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り422文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン