/

この記事は会員限定です

強まる資源国通貨売り、原油高と薄れる相関

財政・政治にリスク、インフレ制御難しく

[有料会員限定]

資源国通貨が軟調だ。2021年に入り、世界経済の回復期待で国際商品価格は上昇基調をたどるなか、ブラジルやロシアといった国々の通貨は売りが目立つ。本来は連動性の高い国際商品相場と資源国通貨の間に生じたゆがみは何を映しているのか。

市場で世界経済の先行きに楽観的な見方が広がっている様子は国際商品市況の動きに見て取れる。国際商品の総合的な値動きを示すロイター・コアコモディティーCRB指数は昨年末の167...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1171文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン