/

この記事は会員限定です

「風力と太陽光が主力に」パトリック・グライヒェン氏

第4の革命 カーボンゼロ アゴラ・エナギーヴェンデCEO

[有料会員限定]

ドイツのエネルギー転換とは、化石燃料と原子力中心の構造から100%再生可能エネルギーへと変革することだ。産業政策の面も、社会変革の要素もある。

ドイツの2020年の電源構成は、再生エネが全体の46%程度を占める規模になったようだ。6%だった20年前から40ポイント置き換わった。30年65%が政府目標だが、達成可能だ。我々は70%にすべきと言っている。

20年前、変動の大きい再生エネがこんなに増やせ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1217文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

第4の革命

世界がカーボンゼロを競い始めました。化石燃料で発展してきた人類史の歯車は逆回転し、エネルギーの主役も交代。農業、産業、情報に次ぐ「第4の革命」を追います。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン