/

みずほ銀行ATM2900台に障害 ネットも一部取引停止に

think!多様な観点からニュースを考える
みずほ銀行のATMで預金を引き出せない事態が相次いだ(28日、都内)

みずほ銀行で28日、一部のATMが正常に稼働せず、預金を引き出せなくなる障害が起きた。定期預金のデータを更新する作業中に不具合が生じたためと説明している。全国にある5395台の店舗内ATMのうち、約55%の2956台に影響があったという。

28日午前から、操作中のATMからキャッシュカードが戻らず、一部の利用者が預金を引き出せない事態になっていた。インターネットバンキングでも定期預金の預け入れなど一部の取引ができなくなった。

みずほは3月1日朝の全面復旧をめざしている。ホームページで「ご迷惑やご不便をおかけし、深くおわび申し上げます」と謝罪した。

みずほは2002年4月の発足時と11年3月の東日本大震災の直後にシステム障害を起こし、二重引き落としなど社会的な混乱を招いた。その後に基幹システムの刷新を決め、4000億円以上の費用を投じて19年夏に稼働を始めていた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン