/

この記事は会員限定です

米金利、強まる先高観 ワクチン普及で成長期待

 21年ドル安反転も

[有料会員限定]

米長期金利の先高観が強まっている。米国で新型コロナウイルスのワクチン開発・普及が進み、経済活動の本格的な再開が見込まれるためだ。物価の変動を考慮した米実質金利も上昇に転じれば、これまでのドル安トレンドが反転する可能性が高まる。2021年の円相場を占う上で最大の焦点になりそうだ。

一般的に国債は信用力が高いため安全資産とされる。投資家のリスク選好度が高まると売られやすくなり金利には上昇圧力がかかる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1174文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン