/

この記事は会員限定です

損保、コロナ禍への補償どう考える

コロナが変える金融 トップに聞く⑤

[有料会員限定]

お客さんの「いざ」に備えることを信条とする損害保険会社は新型コロナウイルス禍の社会ニーズにどう向き合うのか。「コロナが変える金融 トップに聞く」の第5回は東京海上ホールディングスMS&ADインシュアランスグループホールディングスのトップに聞いた。(聞き手は平本信敬)

「全業務で100%リモート可能に」 東京海上HDの小宮暁社長 

――「コロナ後」の事業構想をどう描いていますか。

「キーワードはデジタル、リモート、レジリエンスだ。事業領域を拡大し、ビジネスモデルの質を高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1145文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン