/

この記事は会員限定です

デジタル課税のルールづくり議論 経産省が研究会

[有料会員限定]

経済産業省は経済のデジタル化に対応した法人課税を巡り、ルール整備の検討を始める。近く有識者による研究会を設置し、国境を越えて事業を拡大する巨大IT(情報技術)企業へのデジタル課税などで議論する。すでに始まった国際的な検討では各国間に意見の食い違いも見られ、日本独自の対策を打ち出すかどうか話し合う。

経済協力開発機構(OECD)は国境を越える税制のあり方について、約140カ国・地域で議論を開始した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り548文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン