/

男性育休、22年4月から企業に周知義務

厚生労働省は27日、男性の育児休業取得を促進するための改革の開始時期を示した。対象の従業員に対し、企業が個別に周知し取得を促すよう義務付けるのは2022年4月から始める。有期契約の非正規労働者は雇用期間が1年以上なければ育休を取得できない要件はなくす。

出産直後に育休をとりやすくする制度は22年秋ごろに開始する。産後8週間以内に合計4週間の休みを2回に分けて取得できるようになる。育休は産後2回の取得と合わせ、最大4回に分けて取得できるようになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン