/

学び直しに収入増の効果、内閣府分析 OJTや海外留学

内閣府は「リカレント教育(学び直し)」の実施で、収入が増える傾向が強まるとの分析結果をまとめた。職場内訓練(OJT)から海外留学までの幅広い学び直しで効果がみられた。

2020年2月から3月にかけて3万人を対象に調査した。公的職業訓練、OJT、「オフJT」と呼ぶ社外勉強会などでの研さん、自習や留学といった自己啓発、副業の5つに分類し、学び直しをした人と、していない人の収入の変化を14年から19年の間で比較した。

内閣府の推計によると、公的職業訓練以外の4分類では、学び直しをした人の方が「1割以上収入が増加」と回答した割合が8.1~13.4ポイント高かった。たとえばオフJTの学び直しをした人では、1割以上収入が上がった人の割合が45.7%となり、していない人を13.1ポイント上回った。

公的職業訓練はサンプル数が少なく、有意な変化がみられなかった。

有業者のうち過去1年間にリカレント教育を実施していない人の割合は86.9%と高く、学び直しに取り組む人は全体から見るとまだ少ない。実施している人の割合を就業形態別にみると、正社員の14.7%に対しパートは7.5%、アルバイトは10.8%と低かった。内閣府は「雇用主が提供する研修機会が少ないことを反映したようだ」と分析している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン