/

この記事は会員限定です

GPIF、悩ましい中国国債投資 高利回りも反発懸念

[有料会員限定]

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が中国の人民元建て国債に投資するかに市場の関心が集まっている。GPIFが使う代表的な国債指数に今年10月末から中国国債の組み入れが決まったためだ。市場平均の運用成績を求めると買うことになるが、政府内には年金マネーが中国に向かえば世論の反発を招くとの懸念もあり葛藤がにじむ。

英指数算出会社のFTSEラッセルは29日、代表的な国債指数「FTSE世界国債インデ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り807文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン