/

この記事は会員限定です

郵政ようやく統治改革 財務や人事、グループ一体管理へ

[有料会員限定]

日本郵政は、グループ横断で財務や人事などの領域を統括する最高責任者を6月に導入する。総務省も7月に郵政と日本郵便に対する監督指針を設ける。かんぽ生命保険の不正契約問題やゆうちょ銀行のキャッシュレス決済の不正引き出し問題では、グループのガバナンス(企業統治)不全が露呈した。子会社の一体化に向けた改革がようやく始動する。

最高責任者を設置する「CXO」制度を導入する方向で調整に入った。関係者によると、増田寛也社長を最高経営責任者(CE...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り940文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン