/

事業再構築補助金の申請、4月15日に開始

経済産業省は26日、中小企業の事業転換を促す「事業再構築補助金」の申請を4月15日から受け付けると発表した。新型コロナウイルス禍で売り上げが減った企業が新事業を始める場合、最大1億円を補助する。

中小に最大200万円を支給する持続化給付金の事実上の後継制度となる。給付から補助に軸足を移し、企業の自主的な取り組みを後押しする。新分野への展開や業種・業態の転換などが対象で、インターネット通販や料理の持ち帰り(テークアウト)などを幅広く認定する方針だ。

申請前の直近6カ月のうち任意の3カ月間の合計売上高が、コロナ前より10%以上減少していることが条件。中小の補助率は3分の2で、金額は最大1億円。これとは別に、4分の3に補助率を引き上げ最大1500万円を補助する「特別枠」も設けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン