/

この記事は会員限定です

巨大IT規制法、売上高3000億円以上を重点監視 2月施行

[有料会員限定]

巨大IT(情報技術)企業に取引条件の開示などを求める新法が2月1日に施行される。日本国内の売上高が3000億円以上の電子商取引(EC)サイトなどを対象とする。高額の制裁金を科すなど規制強化に傾く欧州連合(EU)と比べると、巨大ITの自主的な取り組みを尊重する内容だ。情報開示を通じて、公正な取引が浸透するかが課題だ。

新法は「特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性の向上に関する法律」。違反を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1074文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン