/

この記事は会員限定です

福島への移住・風評対策に全力 平沢復興相

[有料会員限定]

東日本大震災の発生から丸10年を迎えた。復興政策の指揮をとる平沢勝栄復興相は日本経済新聞社などのインタビューに応じ、福島の被災地への移住促進や風評被害対策を強化する考えを示した。平沢氏は復興庁の役割について「被災地の声をくみ上げ、この10年で果たした役割は極めて大きかった」と述べた。

――この10年と今後の復興庁の役割をどう捉えているか。

「職員の約半数を被災地に常駐させ、被災者のニーズを拾ってき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り619文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン