/

この記事は会員限定です

長期金利、市場に一段高の声 日銀の動き見極め

[有料会員限定]

国内債券市場で長期金利が上昇(債券価格は下落)してきた。長期金利の指標となる新発10年物国債利回りは26日、一時0.175%をつけた。日銀がマイナス金利政策の導入を決めた2016年1月29日以来の高い水準だ。米国の長期金利上昇と日銀が一定の金利上昇を容認するとの見方から市場では一段高を見込む声も出ている。

日本の長期金利は26日午前に0.175%まで上昇。前日に比べ0.025%高い水準だ。直近で最も高かった18年10月の0.155%をあっさり超えた。きっかけは米長期金利の上昇だ。25日に一時1.61%と、およそ1年ぶりの高水準をつけた。野村証券の西川昌宏氏は「米金利の落ち着きどころが見えず、日本国債も買いが入りに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り840文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン