/

この記事は会員限定です

年金マネー、化石燃料から投資撤退広がる

[有料会員限定]

米欧の年金基金が石炭や石油など化石燃料から一定の売り上げを得る企業の投資から撤退している。温暖化による気候変動が経済活動に影響を及ぼし、年金の運用利回りも低下するとの考えが広がってきた。投資対象から外す方針を示し、企業に変革を促す狙いがある。

2260億ドル(約23兆円)を運用する米ニューヨーク州共通退職基金は2020年12月、40年までに運用資産の温暖化ガス排出量を実質ゼロにする目標を採用した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り901文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン