/

この記事は会員限定です

政府保証で初の環境債 住宅機構、省エネ物件に低利融資

[有料会員限定]

政府が元利払いを保証する初の環境債(グリーンボンド)が発行されることが分かった。独立行政法人・住宅金融支援機構が2021年度に2000億円程度を調達し、省エネルギー住宅などへの低利融資に充てる。50年に温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする目標の達成に向けて、公的な資金調達にも環境の視点を取り入れる。

政府は25日にまとめた「グリーン成長戦略」で、新築住宅の排出量を30年に実質ゼロにする目標を掲げた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り357文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン