/

この記事は会員限定です

長期金利0.175%、5年1カ月ぶり高水準 マイナス金利決定後で最高

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

26日の国内債券市場で長期金利は上昇(債券価格は下落)した。指標となる新発10年物国債利回りは一時前日比0.025%高い0.175%と、日銀がマイナス金利政策の導入を決定した2016年1月29日以来、およそ5年1カ月ぶりの高水準をつけた。米国で金利が一段と上昇し、国内市場でも債券は売りが優勢となった。

新型コロナウイルスのワクチン普及や米政府による大型の追加経済対策への期待から、25日に米長期金利がお...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り726文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン