/

この記事は会員限定です

資金繰り支援、選別避けられぬ長期戦に

コロナ危機対応 浮かんだ課題(中)

[有料会員限定]

金融発の危機で銀行自身が巨額赤字に陥った2008年のリーマン・ショックと異なり、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う今回の危機では銀行が存在感を発揮した。売り上げが断たれた企業に対し、政府系と民間合わせて約44兆円の融資を実行した。資金需要は一服したものの、先の見えない長期戦となる恐れがくすぶる。

「事業者の資金繰りが再び逼迫する可能性がある」。全国銀行協会の三毛兼承会長(三菱UFJ銀行頭取)は17...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り985文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン