/

鉱工業生産、11月横ばい 自動車6カ月ぶり低下

(更新)

経済産業省が28日発表した11月の鉱工業生産指数(2015年=100、季節調整済み)速報値は、前月比横ばいの95.2だった。新型コロナウイルスの感染が再拡大し、自動車などで海外向けの生産に弱さがみられた。経産省は基調判断を「持ち直している」に据え置いた。

鉱工業生産は新型コロナの影響で2月から5月まで低下。6月からは5カ月連続で上昇が続いていたが、生産の回復が一服した。生産水準は感染拡大前の1月の水準(99.8)に比べてまだ低い。

前月まで生産回復をけん引してきた自動車工業が6カ月ぶりに低下となった。11月は前月比4.7%低下し全体の指数を押し下げた。全15業種中9業種は上昇した。半導体製造装置など生産用機械工業が6.5%上昇した。ボイラーなど汎用・業務用機械工業も4.8%上昇した。

主要企業の生産計画から算出した生産予測指数は12月に1.1%低下、2021年1月に7.1%上昇を見込んでいる。予測通りであれば感染拡大前の20年1月の水準を超えるが、経産省は「そこまで回復するかは不透明だ。感染の再拡大による国内外経済の下振れリスクには注意する必要がある」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン