/

農水次官ら3人減給、計6人処分 鶏卵大手元代表と会食

(更新)
事務次官らの処分についての記者会見で謝罪する野上農相(25日午後、農水省)=共同

農林水産省は25日、贈収賄事件で在宅起訴された吉川貴盛元農相と鶏卵生産大手元代表との会食に同席していた同省幹部6人を処分した。会食費用を利害関係者にあたる元代表側が支払っており、民間の企業や人との付き合い方を定める国家公務員倫理規程違反にあたるため。現事務次官の枝元真徹氏ら3人を減給とし、2人を戒告、1人を訓告とした。

野上浩太郎農相は25日記者会見し「農林水産行政に対する国民の信頼を大きく損なった。改めて国民の皆さまに深くお詫びする」と述べた。野上氏は1カ月分の閣僚給与を自主返納する。

会食は2018年10月と19年9月の2回で、当時の担当課長ら同省幹部の7人が同席していた。このうち既に退官している富田育稔元畜産部長以外の6人を処分の対象とした。

処分内容は枝元氏と水田正和生産局長、伏見啓二大臣官房審議官の3人が1カ月、10分の1の減給。渡辺毅畜産部長、望月健司農地政策課長は戒告とした。犬飼史郎畜産振興課長は訓告処分とした。伏見氏と望月氏は18年と19年の2回、それ以外の4人はどちらかの会食に出席していた。

飲食費用はすべて鶏卵生産大手「アキタフーズ」グループの秋田善祺元代表が支払った。1人あたりの金額は18年が2万2千円、19年が2万3千円だった。いずれも元代表側に返金したという。

農水省はあわせて再発防止策を発表した。政治家と利害関係者の両方が同席する会食に職員が参加する場合には、金額や誰が費用を負担するかにかかわらず、大臣と次官に届け出させる省独自のルールを設けるとした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン