/

郵政社長、楽天との提携「携帯契約の拡大を支援」

日本郵政の増田寛也社長は25日に開いた記者会見で、前日に発表した楽天との提携について「携帯電話の契約拡大(の支援)を今後検討したい」と意欲を示した。郵便局への基地局設置も協議するという。楽天との提携は物流分野が中心だが、増田氏は24日に「金融やモバイルなどの事業分野でも幅広く提携を協議したい」と述べていた。

一部の郵便局は既に携帯契約の取り次ぎを手掛けており、増田氏は「ビジネスベースでお手伝いできる」と述べた。基地局を設置している郵便局もあり「楽天の場合は後発なので地域的ニーズがあればお使いいただきたい」とした。2021年3月までに詳細を詰める。

増田氏は、武田良太総務相がNHK受信料の徴収で郵便局との連携検討を指示したことにも触れ「いまどういう形でお手伝いできるか検討している。受信料の徴収コストを下げることに貢献できるか詰めたい」と前向きな姿勢を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン